耳の病気

ミミアカがつまっている

 耳垢(ミミアカ=耳垢~耳垢栓塞ジコウセンソクともいいます)は、それだけでは痛くありません。耳を掃除する回数が多すぎると逆に炎症を起こすこともありますので、毎日耳掃除することを習慣にしている方は注意してください。

耳が痛いとき

 耳の痛みには、耳が原因となっているものと、耳以外の痛みが耳のあたりに感じられる(いわば“ニセの痛み”)ものの、2つの種類があります。

<外耳炎> : 耳のトンネル=外耳道の炎症です。『耳だれ』が出ても、皮膚からの液ですので鼓膜には関係なく、聞こえは問題ありません。

<外耳道せつ> :『せつ』とは、『おでき』のことです。やはりトンネルでの出来事ですので聞こえには関係しませんが、腫れがひどいときには音の通り道を塞いでしまい聞こえにくくなることもあります。

<中耳炎>: 子供では突然の痛みではじまります。赤ちゃんが中耳炎にかかると、泣きながら耳を触ったり、熱を出したりしますので、これにより周囲の大人が気づくこともあります。中耳炎の起こる前には、風邪の症状が(鼻水、咳だけでも)あることが多く、大人でも強く鼻をかむことから起こります。

<扁桃腺炎> : 耳以外の痛みで代表的な病気です。扁桃腺付近の痛みの神経が耳に近いことで、あたかも耳に痛みが生じているように感じられる“ニセの痛み”です。

<顎関節症> : 顎の関節も耳に近く、痛みを耳に感じます。歯の治療のあとや、噛み合わせが悪いひとに起こりがちです。

<耳性帯状疱疹> : まれな病気ですが、耳の痛みとともに耳付近に皮疹(赤いブツブツ)が出ることがあり、聞こえに影響したり顔面が動きにくくなったりする重大な病気です。

聞こえにくいとき=難聴

 聞こえにくくなる原因は、音の入ってくるルート別に、外耳道(耳の穴)、中耳(鼓膜とその周辺)、内耳(蝸牛と前庭・三半規管。広く言えば聴神経、脳まで)に病気がある場合にわけられます。

<急性中耳炎・慢性中耳炎>; 急性の中耳炎では痛み+聞こえにくい等の症状がありますが、慢性の中耳炎では痛みはありません。慢性中耳炎で耳だれ(耳から汁がでること)が続くと聞こえはわるくなり、ひどい場合には『めまい』が起こることもあります。

<滲出性中耳炎>(耳管狭窄症):耳の痛みがないのに聞こえにくくなる、子供に多い病気す。
鼻づまりが原因となることが多いのですが、長期間続くと聞こえに影響します。

<突発性難聴>: 急にどちらかの耳が聞こえにくくなる病気です。耳の一番奥の内耳が原因となり起こる病気です。難聴と同時に『めまい』が起こるときには<メニエル病>も考えられます。

お年寄り15<老人性難聴> : 年令とともに電子音(チャイム、電話の呼び出し音)などが聴き取りづらくなることです。耳鳴りをともなう時と、ともなわない時とがあります。耳鳴りには耳鳴りの治療を、また難聴には程度により補聴器の助けが有効な場合があります。当科では補聴器の相談を気軽にお受けいたしております。

めまいがあるとき

 日本語の『めまい』に相当する英語には、2種類あります。ひとつには「ふわふわする感覚」を表す “dizziness”と、もうひとつは「回転する強烈な感覚」の “vertigo”です。
 『めまい』は、全身のさまざまな部位が原因となります。めまいのコントロールタワーは、耳(三半規管=内耳)、脳(小脳)、眼(視力)等、関係する器官が複数あるので、問題のある器官を別の器官が補う(代償作用)ことにより、数日で良くなることも多いのですが…。

耳からの『めまい』

<メニエル病>: 強いめまいが繰り返すことや、聞こえにくくなること、この2点が特徴のめまいです。耳が聞こえにくくなることに気づくのが遅れれば聴力回復に時間がかかるため、早く耳鼻科を受診することが大事です。

<良性発作性頭位めまい>:最近注目されるめまいです。頭を動かした際に、三半規管が原因とされる、数秒から数十秒のめまいがおこります。ただ、頭の中での血流変化で起こる他の原因のめまいと混同される場合もあります。原因を特定し適切な治療法を選択するためには、耳鼻科での鑑別診断(めまいの種類を診断すること)が役立ちます。

<内耳炎> :長く続く慢性中耳炎から内耳炎に進行した場合に起こります。内耳には聞こえのための器官(蝸牛)と、平衡機能の器官(三半規管)があり、耳の一番奥で両者がつながっているために起こります。
そのため慢性中耳炎は、内耳炎になる前に耳鼻科でしっかり治療することが必要です。

耳以外が原因の『めまい』

<低血圧> : 子供の場合、朝に弱く夜に強い、学校の朝礼などで倒れる、など起立した際に最高血圧が20mmHgも低下することでめまいが起こります。 大人でも同様の症状があり、「起立性障害=起立性低血圧」という診断名になります。のみ薬で治療しますが、低血圧がなおってくるまで比較的時間がかかります。

<高血圧> : 高血圧を放置し脳内出血にいたる1歩手前の症状(いわば黄色信号の点滅状態)で起こる『めまい』です。この可能性が高い場合は、当科では速やかに循環器内科に紹介しています。

<椎骨脳底動脈循環不全> : 血圧は正常範囲内でも、動脈硬化のせいで、脳への動脈のどこかに狭い部分のある方では、時々、脳への血液の流れが悪くなって、その症状のひとつとしてめまいが起こります。さらに、この狭くなった部分が詰まってしまうようなことになると、血液が全く流れなくなって脳梗塞になります。脳梗塞の1歩手前でないかどうかを診断するために、当科では速やかに脳神経外科(手術ではなくMRI/MRA検査)に紹介しています。

<貧血> : 文字通り、血液の中の鉄分の不足などが原因で『めまい』が起こりますが、さきに書いたような血液の流れが悪くなる病気(低血圧、高血圧、循環不全)よりも少ないようです。

鼻の病気

 鼻は空気を吸い込む(空気をあたためる、ホコリを除く、吸った空気に湿度も与える)というエアーコンディショナーのような役割を果たしています。
 もうひとつの役割は、においを感じる(嗅覚)役割です。

kw_03
<アレルギー性鼻炎>: TVコマーシャルで、“くしゃみ、鼻水、鼻づまりに、ハイ、○○○○“ という有名なCMが有ります。花粉症はその代表的なものですが、春、夏、秋と花粉の種類は変わるものの現代の文明病と言えるかもしれません。さらに今や話題になっているPM2.5は、花粉とともに飛来すると花粉症を悪化させることが明らかになってきました。鼻からのどの奥、さらに肺にまで吸入されると喘息症状まで起こります。鼻水から引き続いて咳が続く際には、呼吸器内科以外に耳鼻咽喉科を思い出してください。

<副鼻腔炎> : 蓄膿症(チクノウショウ)が一般名ですが、読んで字のごとく鼻の付近に膿がたまる~膿を蓄える病気です。急性では痛みを感じて診察に来られる方が多く、この間に治療をはじめれば、短期間で治すことができます。しかし、風邪のあとで鼻水が黄色いまま続くことを放置しますと、それが慢性化へとつながります。慢性的になると手術が必要になることもあります。中学校以上まで放置した場合には、勉強や課外活動などで診察に来にくいことがあります。早く見つけて早く治療することが大事です。

<嗅覚障害=においが判りにくい> :鼻のもうひとつの大事な役割が嗅覚です。においがわかりにくい原因は、2つあります。1つはにおいの神経が弱くなっている場合、もう1つは気づかないうちに鼻の通りが悪くなり、においの素(嗅素といいます)がにおいの神経に届きにくくなっている場合です。においの神経は傷つきやすいので早めの治療が大事です。

ノドの病気

 耳鼻咽喉科の“咽”はノドの浅い部分で、“喉”はノドの深い部分です。
 ふつうにノドが痛い風邪の症状のときには “咽頭炎”、声まで出にくくなるときには“喉頭炎”と呼びます。

<咽頭炎・扁桃腺炎>
風邪引きで熱が出るときには、咽頭炎・扁桃腺炎がおこっています。
子供さんで繰り返して高熱が出るような場合、手術を考えることもあります。

sozai_7465

<喉頭炎・声帯ポリプ>

ノドが痛くて声がかすれるような風邪のときには、ノドの深い部分に風邪が影響しています。仕事などで声がかすれたまま声帯(声を作る場所)を酷使していると、声帯にポリプが出来る場合があるので注意が必要です。また風邪とは関係ない声がれには、悪性の可能性がありますから早いうちの検査をおすすめします。

お知らせ